睡眠不足・不眠症

【睡眠不足・頭痛の直し方】ロキソニンは効くのか?時間と効果

頭痛に悩まされて何かいいのがないかと探して「ロキソニン」にたどり着いたあなた!果たしてその効果とは?

今回は、痛み止めのロキソニンについて紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ロキソニンとは?

ロキソニンの効果

  • 痛みの緩和
  • 熱を下げる
  • 生理痛の緩和
  • 頭痛の緩和
  • のどの痛み緩和

上記で挙げた様にロキソニンは「鎮痛・解熱・抗炎症」などに効果があります。

なので「頭痛」などにお悩みの方には効果的です。

 

 

 

ロキソニンを使うときのポイント

絶対に15歳以上であること

説明症にももちろん書いてありますが、15歳以上が成人とされていて、15歳以下の場合半分や1/4にしても飲ませるのはやめましょう

なぜなら、何かしらの副作用が起こった時に「医療品副作用救済制度」というものがありますが、使えない場合があるからです。

また妊娠中の方も注意が必要になります。

必ず病院の先生に相談しましょう。

 

 

ロキソニンの効果と時間は?

効いてくる時間

ロキソニンの場合飲んでから、約15分〜30分ほどで効果が出始めます。

 

効果時間

平均で2時間〜3時間を目安に。

 

ロキソニンの場合は蓄積性がないので安全性が高い薬になります。

蓄積性とは、体の中にいつまでも存在し続け、薬を飲み続けるとどんどん体に溜まっていくことを「蓄積性」と言います。この状態が続いていくと効き目が強く出てしまったり、副作用の可能性が出てくるので蓄積性があるものは避けましょう。

 

 

ロキソニンの1日の回数は?

説明書の記載では、「1日に3回」までとなっている。

また、2時間〜3時間ほどで体内の濃度が変わっていき、5時間〜6時間ほど経つと体から排出されるので、その時間感覚を開けて使っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

睡眠不足・対策に!問い合わせが殺到している4つの快眠サプリ

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ロキソニンは頭痛に効くのか?効果や時間について紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

-睡眠不足・不眠症

Copyright© 睡眠・快眠のお手伝いドットコム , 2020 All Rights Reserved.